【ドイツ年間ゲーム大賞の作品を選べ!!】

絶対に失敗しないボードゲームの選び方として、結論から申し上げますと、

ドイツ年間ゲーム大賞」の作品を選ぶ事です。

ドイツ年間ゲーム大賞とは、1979年に設立された、ボードゲーム会のアカデミー賞です。

ゲーム評論家など、専門家が集まった選考委員会によって選定され、毎年5月頃にノミネート作品が発表され、6〜7月に受賞作が決定します。

世界では、1年の間に新しく1000個以上のゲームが制作されています。

その中から栄えある第1位を決定しようというのが、この賞なのです。

映画でも、アカデミー賞受賞作のものに外れはあまりないですよね。

ボードゲームなら、ドイツ年間ゲーム大賞です!

IMG_0392

こちらがドイツ年間ゲーム大賞の受賞作に送られるマークですが、

権利料の問題によってこちらのマークがついていない作品もあります。

受賞していれば必ずこのマークがついている訳ではないのでご注意を!

 

【最新:2019年 ドイツ年間ゲーム大賞受賞 ジャストワン】

直近の年間ゲーム大賞受賞作は、こちら!

ジャストワンです。

2人〜6人までプレイできる、連想クイズゲームです。

ルール動画も配信しておりますので、ぜひご覧下さいませ。

 

【細かいシチュエーションから選んでいこう!】

よし!それじゃあドイツ年間ゲーム大賞のボードゲームを買ってみるぞ!

と思われた方も、1979年の作品から数えて実に40作ありますから・・・

その中でもまた迷ってしまいますよね。

そこで、いくつか選ぶ判断基準となるシチュエーションをご紹介していきます!

 

◯ベスト人数から選ぶ

ボードゲームには、ゲームプレイ可能な人数がパッケージに書かれています。

が!これはあくまでその人数でプレイが可能という事であり、

「楽しめる」人数という訳ではありません

ボードゲームにはそれぞれ、ベスト人数というものがあるのです。

 

・2人ベストの年間ゲーム大賞

IMG_0387

『カルカソンヌ』(2009年)

 

ボードゲームは基本大人数で遊ぶことが多いため、2人ベストゲームでの大賞受賞はとても貴重です。

そんな中でも『カルカソンヌ』は、

メーカー公式大会や世界大会も2人で行います。

同じプレイヤーと複数回やっても毎回パターンがかわるので、

飽きる事なくずっとプレイできます。

 

・3人ベストの年間ゲーム大賞

IMG_0379

『ドミオニオン』(2009年)

 

3人ベストなら、ドミニオンです。

ドイツ年間ゲーム大賞の他、ドイツゲーム賞、ドイツカードゲーム賞の3冠を達成しています。

なんと!3冠を達成しているボードゲームは、『ドミニオン』たった1作です。

拡張版がたくさん出ていますので、拡張版を組み合わせてプレイすることがおすすめです。

 

・4人ベストの年間ゲーム大賞

IMG_0386

カタン』(1995年)

 

現在でも毎年、「1995年の『カタン』を超えるまでは至らなかった」と言われるほどの、キング・オブ・ボードゲーム

初心者から経験者、大人から子供まで幅広く楽しめるゲームです。

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=Ch3s8IDFsm4

 

・5人以上

IMG_0388

キャメル・アップ』(2014年)

 

2014年からはドイツ年間ゲーム大賞受賞作が、

よりファミリー向けとなり、外装や見た目(コンポーネント)が美しい作品が多く登場します。

キャメルアップは、5人以上の多人数に対応したレースゲームです。

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=EFsffgIGjXI&t=3s

 

◯競技向きか、パーティ向きか?で選ぶ

競技向き→頭をしっかり使って、戦略をたててやっていきたい!というゲーム。

パーティ向き→みんなでワイワイやりたい!というゲーム。

友達と遊ぶ目的に応じたボードゲームがあります。

上にあげた人数対応のボードゲームは全て競技にもパーティにもなる優秀なゲームです。

 

・競技向き

IMG_0380

ラミィキューブ』(1980年)

 

競技大会が開かれるほどのゲームです。

1分間でいかに早く場にタイルを出せるかを競います。

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=ilO9raYpEz4

 

・パーティ向き

IMG_0389

ディクシット』(2010年)

 

相手が発するテーマに合った絵札を出し合っていく連想ゲームです。

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=qS_A054Pyno

 

◯プレイ時間から選ぶ

ボードゲームは、5分で終わるものから1時間以上かかるものまであります。

基本的にはパッケージに書かれているのですが、これはなんと目安程度であります。

なのでボードゲーム初心者の方は、その1.5倍くらいはかかると思ってもらったほうが良いです。

そして慣れてきたらその時間でできる、という具合に認識をしておいてもらえると良いと思います。

ちなみに、ボードゲーマーの中では、

5分〜20分くらいで終わるゲーム=軽いゲーム

20分から1時間 〃      =中量級ゲーム

1時間以上かかるゲーム     =重いゲーム

というように、「軽い」「重い」で表現しています。

 

・軽いゲーム

IMG_0422

ビラ・パレッティ』(2002年)

 

ジェンガのようなバランスゲームです。

ルールも簡単で、まさに軽い年間ゲーム大賞の代表的な1作です。

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=n97SuX1N150&t=67s

 

・中量級ゲーム

IMG_0402

キング・ドミノ』(2017年)

 

年間ゲーム大賞はほとんどのゲームが中量級ですが、

こちらはその中でも比較的に軽い、30分程で終わるゲームです。

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=z3INbt2hg0k&t=24s

 

・重いゲーム

IMG_0403

ティカル』(1999年)

 

2時間ほどかかる重たいゲームです。

初心者はやはり軽〜中量級からやることがおすすめですが、重いゲームはその分「やりがい」があります!

ゲームに慣れてきたら一度は是非チャレンジしてみてください!

ルール動画:https://www.youtube.com/watch?v=I8EVjQV1Hqw

 

【ボードゲームが買える場所】

・ボードゲームショップ

お近くのボードゲーム専門ショップには、たくさんのボードゲームが取り揃えてあることでしょう。

イエローサブマリン

http://www.yellowsubmarine.co.jp

 

・通販サイト

Amazon

https://www.amazon.co.jp/

 

中古なら駿河屋

https://www.suruga-ya.jp

 

【まとめ】

ドイツ年間ゲーム大賞受賞の作品。

特に軽い〜中量級を選べば、必ず成功!!

ゲームに慣れてきたら、

重いゲームもやってみよう!!

 

【次回予告】

次回は、オンラインでもできるボードゲームに関して書いていこうと思います。

 

by
社団法人ボードゲーム
会長
岩田慎太郎